ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / 有効範囲

有効範囲 (scope)

 特定の名前が有効になる、必ずしも連続していないプログラム上の部分のこと。
 有効範囲には以下のものがある。

潜在有効範囲 (potential scope)

 宣言?の有効範囲を規定するための概念。

0001 int a = 1234;
0002 int foo()
0003 {
0004     int a = 56;
0005     return a + 1;
0006 }

 上記のコードで、0001で宣言された変数? a の潜在有効範囲は 0001〜0006 までとなるが、実際の有効範囲は 0004 で宣言された a の有効範囲 (0004〜0005) を除いたものとなる。

局所的な有効範囲 (local scope)

 ブロック内で宣言?した名前は局所的な有効範囲を持つ。その潜在有効範囲は、宣言位置から宣言領域 (そのブロック) の終わりまでとなる。

関数原型有効範囲 (function prototype scope)

 関数宣言?の中の仮引数名、または関数定義?宣言子?ではない関数宣言子?の中の仮引数名は、関数原型有効範囲を持つ。
 関数宣言子?仮引数名前は省略できるが、もしある場合は、その関数宣言子?の中で一意でなければならない。

関数有効範囲 (function scope)

 ラベルは関数有効範囲を持つ。逆に、関数有効範囲を持つものはラベルだけである。
 ラベルは、それが宣言?された関数の中であれば、どこにおいても使用することができる。

名前空間有効範囲 (namespace scope)

クラス有効範囲 (class scope)

参照

名前検索


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 3180, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Wed, 18 Jan 2006 10:45:21 JST (4269d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa