ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / / 3.9.1基本型


基本型 (fundamental type)

 基本型には、汎整数型浮動小数点型、および void 型がある。汎整数型浮動小数点型を総称して算術型と呼ばれる。

算術型 (arithmetic type)

汎整数型 (integral type)

 char 型、wchar_t 型、bool 型、符号付き整数型、および符号なし整数型の総称。
 整数型は汎整数型の同義語である。


・符号付き整数型 (signed integer type)

 符号付き整数型には、signed charshortint、および long の 4 つがある。これらの記憶域?の大きさは、signed char ≦ short ≦ int ≦ long である。
 符号付き整数型のそれぞれに対し、対応する符号なし整数型 (ただし、型は異なる) が存在する。

 共通の拡張として、long long 等の符号付き整数型をサポートしている処理系もある。

signed char 型
short 型
int 型
long 型


・符号なし整数型 (unsigned integer type)

 符号なし整数型には、unsigned charunsigned shortunsigned int、および unsigned long の 4 つがある。これらの型の記憶域の大きさは、unsigned char ≦ unsigned short ≦ unsigned int ≦ unsigned long である。符号なし整数型のそれぞれに対し、対応する符号付き整数型 (ただし、型は異なる) が存在する。

 共通の拡張として、unsigned long long 等の符号なし整数型をサポートしている処理系もある。

unsigned char 型
unsigned short 型
unsigned int 型
unsigned long 型


・文字型 (character type)

 char、signed charunsigned char の総称。

 文字型として宣言されたオブジェクトは、処理系定義基本文字集合?のどんな要素でも格納できるだけの大きさをもっている。基本文字集合中の 1 文字が文字型のオブジェクトに格納される場合、その整数値は、同文字に対応する 1 文字リテラルの値と等しい。

 文字型に属している 3 つの型は、それぞれ異なる型である (すなわち多重定義が可能である) 。 3 つの型は同じ大きさの記憶域をもち、同じ境界調整要求がある。したがって、これら 3 つの型のオブジェクト表現は同じになる。文字型を構成するすべてのビットが値表現に関わる (詰め物が入ることはない) 。

char 型


・その他の汎整数型

wchar_t 型
bool 型


浮動小数点型 (floating point type)

 浮動小数点型には、floatdouble、および long double の3つがある。

float 型
double 型
long double 型


void 型

 のない。void 型は常に不完全型?であり、完全型?になることはない。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 14296, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Mon, 21 Nov 2005 13:29:05 JST (4384d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa