ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / <cstdlib>ヘッダ

<cstdlib>ヘッダ

 C++ では wchar_tキーワードであるため、<cstdlib>ヘッダでは定義されない。

マクロ

NULL

空ポインタ定数

解説
 処理系定義空ポインタ定数を表すマクロ。0 や 0L に定義される可能性はあるが、(void*)0 に定義されることはない。

参考
 NULL マクロは、<cstddef>ヘッダ以外に、<clocale>ヘッダ<cstdio>ヘッダ<cstdlib>ヘッダ<cstring>ヘッダ<ctime>ヘッダ、および<cwchar>ヘッダでも定義される。

MB_CUR_MAX

EXIT_SUCCESS

EXIT_FAILURE

RAND_MAX

 rand 関数 の返却値の最大値を表すマクロであり、RAND_MAX ≧ 32767 に定義される。

size_t

サイズの

解説
 sizeof 演算子?の結果の処理系定義符号なし整数型?に定義される。

参考
 size_t 型は、<cstdlib>ヘッダ以外に、<cstddef>ヘッダ<cstdio>ヘッダ<cstring>ヘッダ<ctime>ヘッダ、および<cwchar>ヘッダでも定義される。

div_t

div 関数の結果の型

形式
namespace std {
  typedef struct {
    int quot;
    int rem;
  } div_t;
}

ldiv_t

ldiv 関数の結果の型

形式
namespace std {
  typedef struct {
    int quot;
    int rem;
  } ldiv_t;
}

関数

abs

絶対値

形式
namespace std {
  int abs(int x);
  long abs(long x);
  float abs(float x);
  double abs(double x);
  long double abs(long double x);
}

引数
  x:  数値

返却値
 x の絶対値を返す。

注意
 結果のを表現できない場合の動作は未定義である。具体的には、負の整数値の表現に 2 の補数?を用いる処理系で、xINT_MIN を渡した場合、-INT_MIN、すなわち INT_MIN の 2 の補数?もまた INT_MIN であり、値が表現できない。

labs

long 型整数値の絶対値

形式
namespace std {
  long labs(long x);
}

引数
  x:  数値

返却値
 x の絶対値を返す。

注意
 結果のを表現できない場合の動作は未定義である。具体的には、負の整数値の表現に 2 の補数?を用いる処理系で、xLONG_MIN を渡した場合、-LING_MIN、すなわち LONG_MIN の 2 の補数?もまた LONG_MIN であり、値が表現できない。

abort

プログラムの異常終了

形式
namespace std {
  void abort();
}

解説
 プログラムを異常終了させる。ただし、シグナル?SIGABRTに対して登録されたシグナル処理ルーチン?から戻らない場合、またはlongjmp 関数で抜けた場合はこの限りではない。
 abort によってプログラムが終了する場合、静的記憶域?および自動記憶域?で宣言されたオブジェクトデストラクタは呼び出されない。また、atexit 関数で登録された関数も呼び出されない。 オープンされている出力ストリーム?フラッシュ?されるかどうか、オープンされている入出力ストリーム?がクローズされるかどうか、また tmpfile 関数で作成された一時ファイル?が削除されるかどうかは処理系定義である。

atexit

終了時関数の登録

形式
namespace std {
  int atexit(void (*f)());
}

引数

exit

プログラムの終了

形式
namespace std {
  void exit(int status);
}

引数

atof

文字列から浮動小数点数への変換

形式
namespace std {
  double atof(const char* s);
}

引数
  s:  文字列

atoi

文字列から整数への変換

形式
namespace std {
  int atoi(const char* s);
}

引数
  s:  文字列

atol

文字列から long 型整数への変換

形式
namespace std {
  long atol(const char* s);
}

引数
  s:  文字列

bsearch

二分探索

形式
namespace std {
  void* bsearch(const void* key, void* base, size_t nmemb, size_t size,
                          int (*compar)(const void*, const void*));
  const void* bsearch(const void* key, const void* base, size_t nmemb, size_t size,
                                   int (*compar)(const void*, const void*));
}

引数
  key:  
  base:  
  nmemb:  
  size:  
  compar:  

返却値

解説

参照
binary_search

qsort

クイックソート

形式
namespace std {
  void qsort(void* base, size_t nmemb, size_t size, int (*compar)(const void*, const void*));
}

malloc

メモリブロックの割り付け

形式
namespace std {
  void* malloc(size_t size);
}

引数
  size:  割り付けるバイト?

返却値
 割り付けに成功した場合はメモリブロックの先頭を指すポインタ?を、失敗した場合は空ポインタ?を返す。

calloc

区画の割り付け

形式
namespace std {
  void* calloc(size_t n, size_t size);
}

返却値
 割り付けに成功した場合は区画の先頭を指すポインタ?を、失敗した場合は空ポインタ?を返す。

realloc

形式
namespace std {
  void* realloc(void* ptr, size_t size);
}

返却値
 再割り付けに成功した場合はメモリブロックの先頭を指すポインタ?を、失敗した場合は空ポインタ?を返す。

引数

free

メモリブロックの解放

形式
namespace std {
  void free(void* ptr);
}

引数

div

整数除算による商と剰余

形式
namespace std {
  div_t div(int numer, int denom);
  ldiv_t div(long numer, long denom);
}

引数

ldiv

long 型整数除算による商と剰余

形式
namespace std {
  ldiv_t ldiv(long numer, long denom);
}

引数

参照
div

getenv

環境変数の参照

形式
namespace std {
  char* getenv(const char* s);
}

mblen

多バイト文字の長さ

形式
namespace std {
  int mblen(const char* s);
}

mbtowc

多バイト文字からワイド文字への変換

形式
namespace std {
  int mbtowc(wchar_t* wc, const char* s);
}

mbstowcs

多バイト文字列からワイド文字列への変換

形式
namespace std {
  size_t mbstowcs(wchar_t* wcs, const char* s, size_t n);
}

wctomb

ワイド文字から多バイト文字への変換

形式
namespace std {
  int wctomb(char* s, wchar_t wc);
}

wcstombs

ワイド文字列から多バイト文字列への変換

形式
namespace std {
  size_t wcstombs(char* s, const wchar_t wcs, size_t n);
}

rand

擬似乱数の発生

形式
namespace std {
  int rand();
}

srand

擬似乱数種の設定

形式
namespace std {
  void srand(unsigned int seed);
}

引数

引数

strtod

文字列から浮動小数点数への変換

形式
namespace std {
  double strtod(const char* s, char** endptr);
}

引数

strtol

文字列から long 型整数への変換

形式
namespace std {
  long strtol(const char* s, char** endptr, int radix);
}

引数

strtoul

文字列から unsigned long 型整数への変換

形式
namespace std {
  unsigned long strtoul(const char* s, char** endptr, int radix);
}

引数

system

コマンドプロセッサの呼び出し

形式
namespace std {
  int system(const char* s);
}

引数
  s:  コマンド文字列

返却値
 s空ポインタ?を渡した場合、コマンドプロセッサが利用できれば非 0 を、そうでなければ 0 を返す。s空ポインタ?以外を渡した場合、処理系定義の値を返す。

解説
 コマンドプロセッサを呼び出し、コマンド文字列 s が渡される。具体的な動作および返却値処理系定義である。また、s空ポインタ?を渡すことで、その環境でコマンドプロセッサを利用できるかどうかを調べることができる。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 12833, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Wed, 30 Nov 2005 11:24:11 JST (4705d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa