ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / <cstdio>ヘッダ

<cstdio>ヘッダ

 <cstdio>ヘッダは、入出力のための関数の宣言、および関連するマクロの定義を行う。

マクロ

NULL

空ポインタ定数

解説
 処理系定義空ポインタ定数を表すマクロ。0 や 0L に定義される可能性はあるが、(void*)0 に定義されることはない。

参考
 NULL マクロは、<cstdio>ヘッダ以外に、<cstddef>ヘッダ<clocale>ヘッダ<cstdlib>ヘッダ<cstring>ヘッダ<ctime>ヘッダ、および<cwchar>ヘッダでも定義される。

EOF

ファイルの終わり

FILENAME_MAX

ファイル名の最大長

解説
 オープンすることができることを処理系が保証する最大の文字列長 (末尾のナル文字を含む) を表す汎整数定数式?に展開されるマクロ。ファイル名の長さに制限がないような環境では、推奨する文字列長の最大値に定義されることが望ましいとされている。

FOPEN_MAX

 同時にオープンすることができることを処理系が保証する最大のファイル数を表す汎整数定数式?に展開されるマクロ。少なくとも 8 以上の値に定義される。

TMP_MAX

 tmpnam 関数が生成することができる一時ファイル名の最大数。生成される一意のファイル名について、処理系が保証する最大の数を表す汎整数定数式に展開される。TMP_MAX は少なくとも 25 以上の値に定義される。

L_tmpnam

SEEK_SET

SEEK_CUR

SEEK_END

_IONBF

バッファリングなし

_IOLBF

行バッファリング

_IOFBF

フルバッファリング

BUFSIZ

stdin

標準入力ストリーム

形式
  extern FILE* stdin;

stdout

標準出力ストリーム

形式
  extern FILE* stdout;

stderr

標準エラー出力ストリーム

形式
  extern FILE* stderr;


size_t

サイズの

解説
 sizeof 演算子?の結果の処理系定義符号なし整数型に定義される。

参考
 size_t 型は、<cstdio>ヘッダ以外に、<cstddef>ヘッダ<cstdlib>ヘッダ<cstring>ヘッダ<ctime>ヘッダ、および<cwchar>ヘッダでも定義される。

FILE

ファイル記述子型

解説
 FILE 型は、ファイル位置表示子?、(もし存在するなら) 結び付けられたバッファを指すポインタ、エラー表示子?、およびファイル終端表示子?など、ファイルの制御に必要な情報を格納することができるオブジェクト型である。

fpos_t

ファイル位置型

解説
 fpos_t 型は、ファイルの任意の位置を表すためのすべての情報を格納することができるオブジェクト型である。ただし、配列型ではない。


関数

fopen

形式
namespace std {
  FILE* fopen(const char* filename, const char* mode);
}

freopen

形式
namespace std {
  FILE* freopen(const char* filename, const char* mode, FILE* stream);
}

fclose

形式
namespace std {
  int fclose(FILE* stream);
}

clearerr

形式
namespace std {
  void clearerr(FILE* stream);
}

feof

形式
namespace std {
  int feof(FILE* stream);
}

ferror

形式
namespace std {
  int ferror(FILE* stream);
}

fread

形式
namespace std {
  size_t fread(void* ptr, size_t size, size_t n, FILE* stream);
}

fwrite

形式
namespace std {
  size_t fwrite(const void* ptr, size_t size, size_t n, FILE* stream);
}

ftell

形式
namespace std {
  long ftell(FILE* stream);
}

fseek

形式
namespace std {
  int fseek(FILE* stream, long offset, int origin);
}

rewind

形式
namespace std {
  void rewind(FILE* stream);
}

fgetpos

形式
namespace std {
  int fgetpos(FILE* stream, fpos_t* pos);
}

fsetpos

形式
namespace std {
  int fsetpos(FILE* stream, const fpos_t* pos);
}

fgetc

形式
namespace std {
  int fgetc(FILE* stream);
}

getc

形式
namespace std {
  int getc(FILE* stream);
}

getchar

形式
namespace std {
  int getchar();
}

fputc

形式
namespace std {
  int fputc(int c, FILE* stream);
}

putc

形式
namespace std {
  int putc(int c, FILE* stream);
}

putchar

形式
namespace std {
  int putchar(int c);
}

ungetc

形式
namespace std {
  int ungetc(int c, FILE* stream);
}

fgets

形式
namespace std {
  char* fgets(char* c, FILE* stream);
}

gets

形式
namespace std {
  char* gets(char* c);
}

fputs

形式
namespace std {
  int fputs(const char* c, FILE* stream);
}

puts

形式
namespace std {
  int puts(const char* c);
}

setbuf

形式
namespace std {
  void setbuf(FILE* stream, char* buf);
}

setvbuf

形式
namespace std {
  int setvbuf(FILE* stream, char* buf, int mode, size_t size);
}

fflush

形式
namespace std {
  int fflush(FILE* stream);
}

scanf

形式
namespace std {
  int scanf(const char* format ...);
}

fscanf

形式
namespace std {
  int fscanf(FILE* stream, const char* format ...);
}

sscanf

形式
namespace std {
  int sscanf(const char* s, const char* format ...);
}

printf

形式
namespace std {
  int printf(const char* format ...);
}

fprintf

形式
namespace std {
  int fprintf(FILE* stream, const char* format ...);
}

sprintf

形式
namespace std {
  int sprintf(char* s, const char* format ...);
}

vprintf

形式
namespace std {
  int vprintf(const char* format, va_list arg);
}

vfprintf

形式
namespace std {
  int fprintf(FILE* stream, const char* format, va_list arg);
}

vsprintf

形式
namespace std {
  int sprintf(char* s, const char* format, va_list arg);
}

printf

形式
namespace std {
  int printf(const char* format ...);
}

fprintf

形式
namespace std {
  int fprintf(FILE* stream, const char* format ...);
}

tmpnam

形式
namespace std {
  char* tmpnam(char* s);
}

tmpfile

形式
namespace std {
  FILE* tmpfile();
}

remove

ファイルの削除

形式
namespace std {
  int remove(const char* filename);
}

引数
  filename:  ファイル名

返却値
 操作が成功した場合は 0 を、失敗した場合は 0 以外を返す。

解説
 filename で指定されたファイルをアクセスできないようにする。remove 関数の呼び出しによってアクセスできなくファイルは、同じ名前のファイルを再度生成しない限り、オープンすることができない。オープンされているファイルに対して remove 関数を呼び出した場合の動作は処理系定義である。

rename

形式
namespace std {
  int rename(const char* oldname, const char* newname);
}


参照

<stdio.h>ヘッダ


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 15873, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 15:07:06 JST (4359d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa