ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / <cfloat>ヘッダ

<cfloat>ヘッダ

 浮動小数点型の特性を表すマクロを定義する。

マクロ

FLT_RADIX

指数部表現の基数

解説
 浮動小数点数?の指数部表現における基数を表すマクロ。FLT_RADIX ≧ 2 かつ #if の条件式の中で使用するのに適した形式に定義される。

FLT_ROUNDS

丸め方向

解説
 浮動小数点数?の丸め方向を表すマクロ。FLT_ROUNDS が取りうる値と意味は以下の通り。

意味
-1不確定的
0ゼロ方向
1最も近い値へ
2+∞方向
3-∞方向
その他処理系定義の丸め動作

FLT_MANT_DIG

基数精度

解説
 float 型の仮数部の、FLT_RADIX を基数とする桁数。

FLT_DIG

精度

解説
 FLT_DIG 桁の 10 進数は、float 型に丸めることができ、再び正確に元の 10 進数に戻すことができる。

FLT_EPSILON

判別限界

解説
 float 型で表現可能な 1 より大きい最小の数と 1 の差。

FLT_MIN_EXP

指数下限

解説
 FLT_RADIX の (FLT_MIN_EXP - 1) 乗が float 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

FLT_MAX_EXP

指数上限

解説
 FLT_RADIX の (FLT_MAX_EXP - 1) 乗が float 型で表現可能となる最大の値。

FLT_MIN_10_EXP

10 進指数下限

解説
 10 の FLT_MIN_10_EXP 乗が float 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

FLT_MAX_10_EXP

指数上限

解説
 10 の FLT_MAX_EXP 乗が float 型で表現可能となる最大の値。

FLT_MIN

float 型型の最小絶対値

解説
 float 型で表現可能な正規化された最小の正の浮動小数点数。

FLT_MAX

float 型型の最大絶対値

解説
 float 型で表現可能な最大の有限浮動小数点数。

DBL_MANT_DIG

基数精度

解説
 double 型の仮数部の、FLT_RADIX を基数とする桁数。

DBL_DIG

精度

解説
 DBL_DIG 桁の 10 進数は、double 型に丸めることができ、再び正確に元の 10 進数に戻すことができる。

DBL_EPSILON

判別限界

解説
 double 型で表現可能な 1 より大きい最小の数と 1 の差。

DBL_MIN_EXP

指数下限

解説
 FLT_RADIX の (DBL_MIN_EXP - 1) 乗が double 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

DBL_MAX_EXP

指数上限

解説
 FLT_RADIX の (DBL_MAX_EXP - 1) 乗が double 型で表現可能となる最大の値。

DBL_MIN_10_EXP

10 進指数下限

解説
 10 の DBL_MIN_10_EXP 乗が double 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

DBL_MAX_10_EXP

指数上限

解説
 10 の DBL_MAX_EXP 乗が double 型で表現可能となる最大の値。

DBL_MIN

double 型型の最小絶対値

解説
 double 型で表現可能な正規化された最小の正の浮動小数点数。

DBL_MAX

double 型型の最大絶対値

解説
 double 型で表現可能な最大の有限浮動小数点数。

LDBL_MANT_DIG

基数精度

解説
 long double 型の仮数部の、FLT_RADIX を基数とする桁数。

LDBL_DIG

精度

解説
 LDBL_DIG 桁の 10 進数は、long double 型に丸めることができ、再び正確に元の 10 進数に戻すことができる。

LDBL_EPSILON

判別限界

解説
 long double 型で表現可能な 1 より大きい最小の数と 1 の差。

LDBL_MIN_EXP

指数下限

解説
 FLT_RADIX の (LDBL_MIN_EXP - 1) 乗が long double 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

LDBL_MAX_EXP

指数上限

解説
 FLT_RADIX の (LDBL_MAX_EXP - 1) 乗が [[long double 型>型/3.9.1基本型#long double]]で表現可能となる最大の値。

LDBL_MIN_10_EXP

10 進指数下限

解説
 10 の LDBL_MIN_10_EXP 乗が long double 型で表現可能な正規化された値となる最小の負の値。

LDBL_MAX_10_EXP

指数上限

解説
 10 の LDBL_MAX_EXP 乗が long double 型で表現可能となる最大の値。

LDBL_MIN

long double 型型の最小絶対値

解説
 long double 型で表現可能な正規化された最小の正の浮動小数点数。

LDBL_MAX

long double 型型の最大絶対値

解説
 long double 型で表現可能な最大の有限浮動小数点数。

参照

<float.h>ヘッダ


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 8395, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sun, 04 Dec 2005 18:19:48 JST (4433d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa