ホーム | ブログ | C++辞典 | サイトマップ | FAQ | 掲示板 | リンク集
メイン・メニュー
インデックス
プログラミング
その他
Top / <cerrno>ヘッダ

<cerrno>ヘッダ

 エラー番号とそれを報告に関するマクロを定義する。
 処理系によって、E で始まるエラー番号を表すマクロが追加されることがある*1

マクロ

errno

エラー番号

形式
  extern int errno;

解説
 エラー番号を格納するためのマクロ。単なる外部オブジェクトとして定義されるか、関数呼び出し等によって実現されるかは処理系定義である。
 errno はプログラム開始時に 0 に設定されるが、ライブラリ関数の呼び出しによって、エラーの発生の有無に関わらず、正の値に設定される場合がある。また、いかなるライブラリ関数の呼び出しによっても 0 に設定されることはない。

EDOM

定義域エラー

解説
 errno マクロに設定される値の一つ。

ERANGE

範囲エラー

解説
 errno マクロに設定される値の一つ。

EILSEQ

不正列エラー

解説
 errno マクロに設定される値の一つ。不正な多バイト文字の並びが検出されたときに設定される。

参考
 EILSEQ マクロは JIS X3014 には記述がないが、元になった C95 には存在する。このマクロmbrtowc 関数等で必要になるため、不可欠かと思われる。


*1 ほとんどの処理系では、実際に多くのマクロが追加されている。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更   一覧 単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 5121, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Thu, 19 Jan 2006 11:42:37 JST (4324d)
 ホーム | プロフィール | メール | ログイン | 管理
Copyright © 2005-2009 by TAKAGI Nobuhisa